レギュレータ regulator 82.

守りたいもの












「二発目だと!? 場所はどこだ!」
「それが、カンボジアです」
「カンボジア?」
インドシナ半島、カンボジアのトロモ機関があった場所がフレイヤにより、完全消滅した。前回のものより範囲が広がっているところを見ると───。
「試し打ちって感じですかねぇ」
「馬鹿じゃないのか、あの金髪!」
ガン!とゲンブがテーブルを叩く。その隣で、ダールトンがふむふむと頷いていた。
「全く以て、同意見だが枢木、お前はもう少し口のきき方を何とかしろ」
「でも、将軍!」
ブリタニア帝国内の序列でいけば、ダールトンよりもラウンズの2人の方が上になる。だが、そんなものがない日本育ちの双子には特権階級による上下よりも断然、年齢や経験、そして尊敬出来うるか、ということの方が重要なのだ。よって、2人にはダールトンもギルフォードも上であったし、皇族で上のはずのシュナイゼルは最初から上にも見ていなかった。
「おそらく、ご自分のデータの完全消去を狙ったということでしょう」
「そこまで後ろめたい事をされていた訳だな、兄上は」
とにかくシュナイゼルが次に動くまでに、こちらも何とかしなくてはならない。

「コーネリア殿下、ルルーシュ殿下からです」
ピッとモニターが光り、ルルーシュへと切り替わる。さきほどまでいたイカルガのブリッジだ。
『姉上、すべての情報を重ねた結果、見えてくる真実は一つになりました』
ルルーシュの指がパネルの上を滑る。次に現れたのは要塞ダモクレスの軌道予想図だ。
『こちらで計算しただけですので多少の誤差はあると思いますが、一週間前後で中華連邦上空へ。そのまま上昇を重ね、最終的には衛星軌道に到達させるのではないかと』
「……そこから兄上は世界中を狙う……」
『はい』
「分かった。時間はない、すぐに動くぞ!」
通信が終わる寸前、ルルーシュは自分に向かって騎士の礼をとるスザクの姿を見つける。たったそれだけの事で、手の震えが止まる自身の弱さに自嘲の笑みを浮かべた。
───守られている。きっと守ってくれる。
「よし、こちらも行動開始だ。シュナイゼルに世界を明け渡すな!」


ペンドラゴン宮殿、エグゼリカ庭園。
まるで世界で起こっていることが嘘のように、静かに泉の水面が風に揺れている。その泉に小さな石が放りこまれ、波紋が広がっていく。
ポチャンと水音が繰り返され、少女の声が重なった。
「……出来ない」
「こうやるんだって」
スザクが石を飛ばすように投げると、放られた小石は何度もジャンプをしながら飛んでいく。
「平らな石を使うとやりやすいよ。もう一回やってごらんよ、アーニャ」
「やる」
見本の通りにアーニャが再挑戦するとスザク程ではないが、それでも2、3回小さく水面を飛び跳ねた。
「出来た」
「うん」
無表情ではあるが瞳がきらりと輝いて喜んでいるのが分かる。そんなアーニャと笑うスザクの隣で、四阿に繋がって設えられた階段に腰掛けているのはジノだ。傍らにゲンブが立っている。
「おおまかな説明はこんな感じ」
「……端折りすぎじゃないのか、それ」
「それで、ジノはどうする?」
そうだなと答えを探し始めたジノに歩み寄ったアーニャは、高らかに宣言する。
「ジノ、私はゲンブとスザクと行く」
「なんだよ……悩む時間もいらないのかアーニャは」
「だって、ここは私の守りたい国じゃない」

『わたしはね、自分の守りたい物を自分で守るために戦ってるの。あんた達と一緒にしないで』

「この国の為に戦いたいとは思わないから」
「ただ戦いたいだけの馬鹿とは違うなあ、アーニャは」
ゲンブの言う馬鹿とは、ナイトオブテン、ルキアーノ・ブラッドリーのことだ。戦って認められる場所のほうがいいと、シュナイゼルのほうについている。モニカとドロテアも、皇帝不在の今は宰相につくべきであろうと、向こうについている。
ブリタニアに忠誠を誓った、皇帝直属の最強騎士ナイトオブラウンズ。守護すべき皇帝は不在ではあるが、ブリタニアとして動いているのは、現在シュナイゼルなのだ。一応正規軍としての扱いにはなるのであろう。少なくとも、シュナイゼルの今までの所業を知らぬ者にはそう見える。ノネットは最後まで悩んでいたが、現在はコーネリアの傘下に入った。
「……確かに、この国に守りたい物が見つからない。守りたい物は全部そっち側だ」
スザクとゲンブは顔を見合わせて笑うと、両手でハイタッチを行った。
「それじゃジノに一つ作戦を任せるから!」
「お姫様を奪還してこいよ。場所は分かってるからさ」
紅い髪の元気なお姫様。居場所は先程咲世子から連絡を貰った。

「僕たちの大事な親友なんだ」
「頼むぜ、ジノ」












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 33

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)