騎士は白馬に乗っているとは限らない 243

皆が見守っているから。









皇帝撃沈の事の顛末を聞かされたマリアンヌはあら残念ね、と言いながら顔が嬉しそうに笑っている。

「それでは今夜の襲撃はなさそうね。ミッション5は必要ないでしょう。スザクさん解除してもいいわ」
「イエス・ユアハイネス」
後ろに立っていたジノやアーニャが同様に頷く。
完全極秘、外部漏れ一切禁止のマリアンヌ妃のミッション。さすが閃光のマリアンヌ!と思われる事項もあれば他愛もない”珍獣”向けの物まで多種多様に取り揃えられている。
ちなみに”5”は夕食と夜の添い寝を所望するであろう皇帝来襲を回避させる為の項目である。子供達に怖いと言われてしまったら、引き下がるしかあるまい。

「あとはまあ、何とかなったわね」


皇帝が駄々を捏ねる事はすでに想定済みであった為別段困ることはない。離宮でお泊り会などと、と陰口を叩くような他の皇妃たちの問題もすでに仲良しの”リ家皇妃”が難なくさばいてくれた。
コーネリアの結婚話以来、すっかりマリアンヌと仲良しでありルルとナナリーが遊びに行くと本当に喜んでくれるようになったコゥ姉上とユフィ姉上の母上。回りの貴族や他の妃達にしてもマリアンヌが自分達よりも格下の庶民出の騎士候出身であるから悪口が言えるのであって、リ家皇妃のように自分達よりも格上が相手では何も言えない。そのリ家皇妃がにっこりと「素敵ですわね」と一言添えただけで口さがない連中も何も出来なくなる。
今やこの2人の妃がブリタニアの裏側を支配していると言ってもいいほどである。この2人に皇帝は全く頭が上がらないのだ。

その他の問題と言えば、これを機会になんとかしようと思うバカ達であろう。
すでに在園中の親は十分に学習済みなのでバカな事をしでかすようなことはない。だがまだまだ行動してくる親は多い。しかも爵位が上になればなるほど何でも思い通りになると思っている。
「子供から手懐けようなんて考えが汚いのよね?」
マリアンヌがさも嫌いだ、と言った表情で顔をシカメる。自身の欲のために子供をだしに使おうなんて絶対に許せない。
先程モニカから報告が一件入ったが、それは招待もしていない公爵の一人が自身の子供を連れて”遊び”に来たというものだった。
普段から何とか入り込もうとしていたのだろう。だが用もないのにアリエスには近付けないし、途中入園はとっくの昔にお断りが出され幼稚園はシャットアウト。そこへどこからか「お泊り会」の事を知ったのだ。他の子供が来ているならば、という余りにも安易な考えで出向いてきたらしい公爵はけんもほろろに追い返され、こちらのその態度に憤慨して帰宅してみれば宰相が手配した”御仕置き”で一族中が大パニックに陥っており、ようやくそこで自分がどれだけバカなことをしでかしたのか理解するのだ。

少しずつでも理解していってくれればいいと思うが、これも氷山の一角。まだまだ敵は多いだろう。


「守りたいわ」

微笑むマリアンヌにスザクが後ろを振り返ると、子供達はユーフェミアとどうやら仕事を片づけてきたらしいクロヴィスと笑いあっているのが見える。膝をついて恭しくお辞儀をしたクロヴィスに手を取られて真っ赤になっているシルヴィア。ちょっとむくれているタマキ。それを見て友人達と笑うルル。

「はい。僕も守りたいです」

この世界をいつまでも。



夕食と入浴が済むと、すでに船を漕ぎ出している子供もいる。皆一日走り回り大はしゃぎだったのだ。楽しさの方が先に来ているので今のところおうちに帰りたいと行って泣く子供は一人もいなかった。就寝の様子をカメラに収めるとアーニャはベアトリスにそれを手渡す。それは子供達の保護者へ送られる。随時連絡が入るので親たちも安心して任せているようだ。

大広間にたくさん並んだベッド。昨日すっとこどっこいさんたちが並べたものだ。子供達はそれぞれのベッドに大はしゃぎ。それでもほとんどの子供が眠そうに目を擦っている。

「扉のところに俺が寝るから、ジノは窓のところで寝ろ」
「そうだな、それがいいか。アーニャは?」
「女の子達と寝る」
無口で無表情ではあるが優しいアーニャに大人しい女の子達が懐いていた。今も小さな手がしっかりと握られている。
「ん、じゃあこんなもんか」
ラウンズのメンバーの振り分けが終るとおやすみタイム。
スザクがルルと、カレンがナナリーと添い寝は決定事項なので特に何も言われない。言ったところで譲らないのは分かっている。押し問答する時間が勿体無いだけだ。


「じゃ、おやすみ」

くすくすと笑う声やおしゃべりが聞こえていたのも始めだけ。そのうち部屋の中は静かになる。
窓の外にはお月様。きっと明日もいい天気。








~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
更新遅れました。



昨夜はB'zのいなばくんのソロLIVEでした。ツアーファイナルで向こうもこっちも盛り上がっていたということもあるのでしょうが、非常にいいコンサートでした。
高校生のころからそれこそ日本人に限らず海外アーティストまで、場所も百人足らずのライブハウスから10万人規模の野外まで数多く行きましたけど、昨夜のは5本の指に入るくらいのいいコンサートでしたねえ。
生はいいなあ。こうやって日々活力を得てます。アニメとコンサートだけは止められない。

しかしウチから会場まで自転車で行けるというのはラクでした。およそ15分の距離(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい