レギュレータ regulator 101.

馬鹿!










久しぶりに登校してきた友人の姿に、リヴァルが大喜びで手を振った。
「おーい、ゲンブ!」
生徒会室に顔を出せば、生徒会長のミレイを始めとして皆が揃っている。こんなに早くに戻って来れるとは思わなかった。
───でも、隣にスザクがいない。
双子の片割れがいない。
なにしろこの世に生まれ出る前からずっと一緒で、同じ道を二人で歩いてきたのだ。兄弟というよりも親友で、他の誰よりも互いの事をわかっていた存在だったのに、今は生まれて初めて全く違う道を歩いているという、不思議な感覚にゲンブは陥っていた。
「ゲンブくんは出席日数の不足と単位数も足らないから、もう一年居残りね」
「え、俺だけですか? カレンもだろ?」
残念でしたーとカレンは笑う。
「私はブリタニアで学校行ってたもん」
「……似非お嬢様」
「なんか、言った!?」
言ってないです、と答えたゲンブの視界の隅に、小さく手を振るニーナが入る。ギルフォードが、フレイヤの全てのデータからニーナの名を消去したと言っていたから、彼女への追求はない。だが、ロイドとラクシャータが相当勧誘活動していたようだから、卒業した後はやはりそっちに行くのだろう。ゲンブも笑って軽く手を挙げておく。
シャーリーも「皆無事で良かったね」と笑顔で迎えてくれる。あの戦いの最中は、やはりここも緊張感でピリピリした空気に包まれていたらしい。消失したペンドラゴンに親族がいた生徒も多く、その時は大パニックになったとリヴァルが話してくれる。

窓の外はいい天気で、風も心地よい。命をかけて守り抜いただけのモノがここにはあった。生徒たちの声が聞こえてくる。

「ゲンブ……あんたいいの?」
隣に並んだカレンが小さな声で、問いかける。何の事かと確認するまでもない。
「……いいっていうか、諦めも肝心だなというか」
「でも……」
俯いたカレンの紅い髪が揺れる。ブリタニアにいた頃は、下した髪型の時が多かったが、今は癖っ毛のままだ。
カレンは戦いが終わってから、すぐに日本に戻ってきている。カレンの実母は娘をブリタニアに送り出してから、ずっと枢木家に住み込みの形でいたのだが、カレンが戻りそれから二人で暮らしている。兄のナオトはその才能を求められて、現在中華連邦の星刻のところにいた。
「来週にはルルーシュ殿下が皇帝になるし、ジノも忙しいだろ? 当分はラウンズも大変だろうなあ。デートも出来ないんじゃないか?」
「わたしのことはいいのよ! 本当に……あんたはいいの!? だって、ゼロ殿下は、ゲンブ、だって……辛いのはあんただけじゃないのよ!」
いきなり叫びだしたカレンに生徒会室にいた皆が驚いたように振り返った。カレンは拳を握って、大きな青緑の目に涙を浮かべてゲンブに怒りをぶちまけている。
「ルルーシュ殿下の隣にはスザクがいるのよ!? それをゼロ殿下がどんな、どんな、馬鹿ゲンブ!」
「……泣くなよ……」
「あんたが泣かないからじゃない! ニーナもこの馬鹿に何か言ってやりなさいよ!」
全部を知っているからこそ、カレンもどうしようもないと分かっている。それでもただ何も言わずにいるゲンブに対してのもどかしさや、ゼロの気持ちを考えると、こうして叫ばずにはいられない。ごめん、と小さくゲンブの声がして、身体を引き寄せられた。額を肩に乗せて泣くと、ゲンブのアッシュフォードの制服にぽろぽろと涙がしみ込んでいく。
向こうではずっと白い騎士服だったなと頭の隅で思いながら、カレンは黒い生地にしみ込む自分の涙を見ていた。


ルルーシュにデータを見せられたスザクは、そのリストを見て苦笑するしかない。
「……凄いね、これ」
「これから2年以内に実行可能な物だ。それから、これがその後の施策案」
ルルーシュは端末を引き寄せると、キーボードを叩く。更に現れたリストに、スザクに示したルルーシュ自身も苦笑をもらしている。ゼロが用意したそれは、ベーシックプランのみだ。勿論、まだ計画なのだから、途中で変更にもなるであろう。
「日本からは連絡はあったのか?」
「勿論。承知したって」
父はゼロの計画の内容を知ると、手を叩いて笑っていた。きっと、向こうでも動き出していくのだろう。


「ごめん……」
「いや、俺の方が悪い……ごめんカレン」
ぐず、と鼻をすすれば、シャーリーがハンカチを渡してくれる。まだ半泣きのカレンを見て、ゲンブがすまなさそうにしているから、事情がよく分からないミレイとリヴァルは声を掛け辛い。なんなのよ、もお!なんて明るく声をかける雰囲気はまるでなく、どうしたらいいものかと声をかけあぐねていると、ゲンブが突然窓に向かって歩き出し、空を仰ぐ。
「ま、さか……」
「なんだよ、ゲンブ!」
リヴァルも同じように空を見上げてみるが、ただ青い空が広がっているだけだ。皆が怪訝そうな顔になる中で、ゲンブがひらりと窓から外へと出て行く。
「ちょっとゲンブくん!?」







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)